株式会社システムヴァン

当社は、お客様の業務に適したシステムを迅速に提供しビジネス拡大と、収益向上に貢献いたします

About会社情報

会社概要

商号

株式会社システムヴァン

所在地

〒108-0023

東京都港区芝浦2丁目14番8号 第2テーワイビル5階

電話番号

03-3456-0371

設立

1985年4月

資本金

3,000万円

役員

代表取締役 林 雅一

取締役

三井 繁樹

取締役

高橋 雅昭

監査役

萩谷 勝

取引銀行

みずほ銀行 芝支店

三菱東京UFJ銀行 田町支店

りそな銀行 三田支店

三井住友銀行 三田通

主要取引先

日本電気(株)

NECグループ各社

商船三井システムズ(株)

(株)トヨタユーゼック

日本郵政(株)

ネットワンシステムズ(株)

伊藤忠テクノソリューションズ(株)

(株)キューブシステム

(株)菱友システムビジネス

日本事務器(株)

(株)情報システム工学

沿革

1985年 4月

資本金300万にて株式会社 システムヴァンを設立

11月

港区新橋3丁目より港区芝3丁目に移転

1986年 5月

資本金800万に増資

1989年 11月

資本金1,000万円に増資

1991年 7月

事業所を港区芝5丁目に移転

1994年 7月

資本金2,000万円に増資

1995年 1月

事業所を港区芝浦2丁目に移転

2009年 4月

インフラ事業を開始

2010年 5月

資本金3,000万円に増資

2014年 12月

ISO27001/ISMS認証取得

トップメッセージ

「当社は、お客様の業務に適したシステムを迅速に提供し、ビジネス拡大と、収益向上に貢献いたします」

当社のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます.

当社は、1985年4月にソフトウェアの開発を目的に「株式会社システムヴァン」を設立いたしました.

以後、高い意志をもった技術者集団の育成とお客様のご要望に対し、迅速にお応えすることを念頭に事業を展開してまいりました.

今後も会社と社員が共に成長し、お客様に喜ばれるシステムの提供を心がけて精進してまいりますので、より一層のご指導ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます.


代表取締役 林 雅一


スタッフ

「一瞬にして輪が出来上がる温かい空間」

組織図


システムヴァンの理念

経営理念

・全社員の物心両面における幸福の追求と、お客様及び地域社会の進歩発展に貢献します.

行動理念

・「仕事は真摯に」「職場は明るく」けじめを持って行動します.

・仲間を思いやり、チームワークを大切にします.

・常に技術の向上を目指し精進します.

・仕事の納期と約束を守ります.

・無駄を削り効率を高めます.

・整理整頓、清掃を徹底します.

人事理念

・高い技術とプロ意識を持った人材を育成します.

・会社の売り上げに貢献でき、社会に役立つ人材の育成をします.

・社会環境への配慮ができる人材を育成します.

システムヴァンの経営姿勢

会社基本方針

・お客様へ「真心を込めたサービス」と「よろこび」を提供します.

・優れた品質とサービスを提供し続けます.

・安定経営に向けて、利益を確保し続けます.

・希望と誇りの持てる会社を目指します.

・お取引会社と共に成長できる関係を目指します.

・住みやすい地球環境の向上に努めます.

情報セキュリティ基本方針

株式会社システムヴァンは、「経営理念」「行動理念」「人事理念」のもとに、システム開発の事業を通じて、社会に貢献することを基本姿勢として日々活動を行っております.

お客様に安心と安全を提供し続けるため、情報セキュリティに対する脅威から情報資産を保護する活動を事業運営の基盤と位置づけ、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を確立し、維持・向上に努めます.

1.情報セキュリティ活動の目的

お客様からお預かりしている情報資産、及び当社が保有する開発、運用及びサービス提供に関する情報資産の機密性、完全性、可用性を保護し、何時でも、どこでも安心して情報が利用できるようにすることを目的とし、情報セキュリティ活動を行います.

また、この目的を実現するため、関連する部門、階層において、情報セキュリティ目標を設定し、達成する活動を行ないます.

2.適用範囲

顧客から受託する「ソフトウェアの設計、開発、保守」、「サーバー・ネットワークの設計、開発、保守」、「コンサルティング業務」及び、関連する管理業務の重要な情報を保護することを目的とし、この目的に沿って適用範囲を当社の全組織、全業務とします.

3.法令等の要求事項の順守

事業運営に関わる法令・規制要求事項、及びお客様との契約上のセキュリティ義務を順守します.

4.リスクアセスメントと適切な管理策の実施

情報セキュリティ活動の目的を果たすために、適切なリスクアセスメント及びリスク対応のプロセスを適用して、最適な管理策を決定し、情報資産を保護します.また、これらの結果及びプロセスを定期的に見直し、時機に適した管理策を決定し実施します.

5.責任と義務

役員、従業員及び契約相手は、情報セキュリティ基本方針を順守し、ISMSに関わる諸規定に従って、業務を遂行します.これらに違反した場合には、就業規則、又は契約による罰則を適用し、人的なセキュリティを確保します.

6.情報セキュリティインシデントへの対応

万一、情報セキュリティに関する事件・事故が発生した場合、又は疑いが生じた場合、被害を最小限に食い止める対策を緊急に講じると共に、再発防止、又は未然防止を行います.

7.情報セキュリティ継続計画の策定

事件・事故の発生、情報システムの障害、及び災害等の影響による情報セキュリティの中断に対し、速やかに活動が再開できるように、情報セキュリティ継続計画を策定し、維持します.

8.継続的改善

事業環境の変化に対応しISMSを定期的に見直し、継続的な改善をしていきます.


2016年8月1日 代表取締役 林 雅一